【ゲーミングPCでゲームをするために必要なもの】一式揃える予算も解説

ゲームを楽しむ男性

ゲーミングPCでゲームをするために必要なものや、ゲーミングPC一式を揃える場合は、いくら程度の費用が必要であるか気になっている方も多いのではないでしょうか。

結論として、ゲーミングPCでゲームを行うために必要なものは、ゲーミングPC、モニター、キーボード、マウス・マウスパッド、ネット環境です。

本記事では、それらを踏まえてゲーミングPCセットを一式揃える際に必要な予算を解説します。

目次

ゲーミングPCでゲームをするために必要なもの

ゲームをする男性の後ろ姿
ゲーミングPCでゲームをするために必要なもの

ここでは、ゲーミングPCでゲームをするために必要なものをご紹介します。

ゲーミングPC本体

1つ目のゲーミングPCでゲームをするために必要なものは、ゲーミングPC本体です。

ゲーミングPCと通常のパソコンと違う点として、ゲーミングPCはグラフィックボード(GPU)を搭載しています。

グラフィックボードは、映像出力に大きな役割を持っているため、高グラフィックで大人数参戦型の3Dゲームなどのパソコンの処理に強い負荷のかかる場面でも、安定した映像出力が可能です。

しかし、当然ながらゲーミングPCのスペックにより、できるゲームの対象が異なります。eスポーツタイトルをプレイするゲーマーの場合、ハイスペックゲーミングPCがおすすめです。

特に、最新のゲームになるほど高スペックを求める傾向にあるため、幅広いゲームをプレイしたい場合は、高性能なパーツを揃えることをおすすめします。

また、スペックなどの知識やゲーミングPC本体の選び方は、下記の記事にて詳しく解説しているため、ぜひ参考にしてください。

【ゲーミングPCの選び方を徹底解説】初心者向けにスペックの見方や注意点も紹介!

モニター

2つ目のゲーミングPCでゲームをするために必要なものは、モニターです。

PCモニターには、fps(Hz:リフレッシュレート)と呼ばれるフレームレートが搭載しており、主に60FPS(60Hz)、120FPS(120Hz)、144FPS(144Hz)、240FPS(240Hz)などがあります。

一般的には、120FPS以上のモニターがゲーミングモニターと呼ばれており、昨今コスパが最も高いリフレッシュレートモニターは、フルHDの144Hzと言われています。

モニターによって画質や出力できるフレームレートが異なるものの、ゲームを快適に行いたい方は、高リフレッシュレートのモニターを選ぶのが良いでしょう。

キーボード・マウス・マウスパッドなどの周辺機器

3つ目のゲーミングPCでゲームをするために必要なものは、キーボードやマウス、マウスパッドなどの周辺機器です。

こちらは、下記の記事にて詳しく解説しているため、ぜひ参考にしてください。

ゲーミングPCの周辺機器を完全解説【チェア・モニター・マウス】

ネット環境

4つ目のゲーミングPCでゲームをするために必要なものは、ネット環境です。

ゲーミングPCでゲームする大半のゲームはダウンロードする必要があるため、PCゲームを遊ぶ際はインターネット回線が必須です。

オフラインでのプレイも可能ですが、ダウンロード後でなければプレイができないため、プレイ開始時にオンライン認証を求めるゲームもあります。

インターネット回線には、有線と無線の2種類が存在し、無線よりも有線の方が通信速度が落ちにくいため、有線でゲームを行うことをおすすめします。

下記の記事にて有線接続について詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください。

ゲーミングPC 有線(準備中)

なお、どうしても住まいの環境などが原因で有線が厳しい方は、下記の記事にて無線接続について解説しています。

ゲーミングPCは無線でゲームできる?【LAN接続も解説】

ゲーミングPCでゲームを快適にするために必要なもの

ゲームをする男性
ゲーミングPCでゲームを快適にするために必要なもの

ここでは、ゲーミングPCでゲームを快適にするために必要なものをご紹介します。

ゲーミングデスク

1つ目のゲーミングPCでゲームを快適にするために必要なものは、ゲーミングデスクです。

PCゲームを行う際、機材の置き場所やマウススペースを確保する必要があるため、ゲーミングデスクは必須と言えます。ゲーミングデスクがあれば、長時間のプレイ後の疲労度を軽減し、快適なプレイ環境でゲームを行うことが可能です。

なお、長時間ゲームを行うと、時間に比例して疲労感が溜まってしまうものの、ゲーミングデスクを活用すれば快適にゲームを行えます。

ゲーミングPCや周りの機材を置くことが可能であれば、ゲーミングデスクの種類は特にこだわらなくて良いでしょう。

ゲーミングチェア

2つ目のゲームを快適にするために必要なものは、ゲーミングチェアです。

ゲーミングチェアには、体にかかる負担を和らげるために、ヘッドレストやランバーサポートが装備されています。加えて、横になれるリクライニングができるといった特徴があるため、快適にゲームを行うことが可能です。

また、人の身体にフィットする形状に設計されているため、腰に負担がかかりにくいです。腰の部分にはランバーサポートと呼ばれるクッションがあり、負担を軽減する役割もあります。

これらの機能により、通常の椅子と比較した場合、長時間座っていても疲れにくいため、長時間ゲームを行う方は座り心地の良いゲーミングチェアの購入をおすすめします。

音響デバイス

3つ目のゲームを快適にするために必要なものは、音響デバイスです。

主にヘッドセット、イヤホン、スピーカーなどが存在します。

通常のヘッドセットと比較してゲーミングヘッドセットは、圧迫感の少ない装着感が特徴です。そのため、少しでもゲームに集中できるように作られています。

2つ目の音響デバイスはイヤホンです。イヤホンは、ゲーミングイヤホンと普通のイヤホンの2種類が存在し、これらは大まかな違いがほとんどありません。

実際は、プロゲーマーの方でもゲーミングイヤホンではなく、普通のイヤホンを使用しています。どちらのイヤホンでもゲーム内の重要な音が聞こえるため、どちらを購入しても良いでしょう。

その他ゲーミングPCで必要なもの・あったら便利なもの

ゲームをする女性
その他ゲーミングPCで必要なもの・あったら便利なもの

ここからは、その他ゲーミングPCで必要なものや、あったら便利なものをご紹介します。

マイク

1つ目の便利なものはマイクです。

オンラインでゲームを行う際、ヘッドホンなどの音を聞く機械だけではなく、オンラインで人と通信するためにマイクを必要とするゲームもあります。昨今、ゲーム実況の動画配信ブームもあるため、ゲーム配信を行う方は音声の配信や録音が必須です。

なお、ゲーミングPCで使用するマイクにも様々な種類があり、「スタンド型マイク」やヘッドホンにマイクがついている「ヘッドセット型マイク」などが存在します。

スタンド型マイクは、通常はデスクの上に置いて使うマイクで、音質が良いことが特徴です。

ヘッドセット型マイクは、ヘッドホンとマイクが一体型になったものです。利点としては、からだの動きに合わせてマイクも移動し、常に一定距離で自分自身の声を拾うため、安定感があります。

ゲーム配信や動画配信を行う方は、「スタンド型マイク」及び「ヘッドセット型マイク」を購入しましょう。

キャプチャボード

次に、キャプチャボードもあったら便利なグッズの1つです。

テレビゲーム機の映像や音声をPCに出すための周辺機器であり、下記のような方には特に購入を推奨します。

  • テレビゲーム機の画面をPCに映したい方
  • TVゲーム機の画面をPCで録画し、実況動画を作りたい方
  • TVゲーム配信(ライブ配信)をPCでやりたい方

コントローラー

3つ目は、コントローラーも購入を検討してみましょう。

基本的に、ゲームを操作する際はマウスとキーボードで行えます。しかし、キーボードやマウスをカスタマイズした場合、プレイするゲームごとに実施しなければいけないため、手間が多くなるデメリットもあります。

そのため、そこまで入力キーの種類が必要でなければ、コントローラーにしても良いでしょう。ゲーム型対応可否に関わらず、コントローラーは1つ買っておくと便利です。

USBハブ

USBハブは、パソコンなどに接続できる機器を増やし、便利で快適な環境を作ってくれるアイテムになります。

充電式や持ち運び可能な小型なものまで種類が多く、これと言って「絶対にこれを買うべき」というUSBハブはありません。そのため、ひとまずはできる限り安いUSBハブを選ぶ形で構いません。

マウスバンジー

マウスバンジーとは、有線マウスのコードを固定し、操作をする際に邪魔にならないようにするアイテムです。

マウスコードによる抵抗感を軽減できるため、素早いマウス操作が必要なゲームでは、操作時の細かいズレを軽減できます。また、コードが固定されるため、周りのモノにコードが当たらなくなり、摩擦によるコード自体の損傷を防ぐ効果もあります。

配線が邪魔になると感じる方や、摩擦によるコードの損傷を防ぎたい方はマウスパンジーの購入をしても良いでしょう。

上記で紹介したもの以外に、【ゲーマー必見】ゲーム環境を良くする オススメアイテム7選の記事にて、ゲームを楽しむためにあったら便利なアイテムが紹介されてますので、ぜひ併せてご覧ください。

ゲーミングPCを一式揃える際に必要な予算

ゲーミングPCとモニター
ゲーミングPCを一式揃える際に必要な予算

ここからは、ゲーミングPCを一式揃える際に必要な予算を解説します。

結論から申し上げると、ゲーミングPCを一式揃える場合、最低でも150,000円程度の費用が必要です。

内訳は下記の通りです。

  • ゲーミングPC本体:約100,00円〜
  • モニター:約20,000円〜
  • キーボード:約10,000円〜
  • マウス:約10,000円〜

ゲーミングPC本体:約100,00円〜

ゲーミングPC本体は、安価なものだと約100,000円から購入でき、初心者の方やコストを安く抑えたい方に最適です。

例として、「Magnate MH i5-12400搭載モデル」ゲーミングPCは100,000円前後で購入でき、マウスやキーボードなども一緒に含まれています。とにかく安くゲーミングPC一式を購入したいと考えている方におすすめのゲーミングPCになります。

他にも、100,000円程度で購入できるゲーミングPCがあるため、自分に合うスペックのゲーミングPCを購入しましょう。

モニター:約20,000円〜

2つ目に必要なものは、モニターです。価格は約20,000円程度から購入でき、デスクトップゲーミングPCを購入する場合は必須になります。

モニターには、大きく分けて一般的な「通常のモニター」と、ゲーム用に特化した「ゲーミングモニター」の2種類が存在し、どちらも20,000円前後で購入できます。

しかし、通常のモニターではマウスのスピーディーな動きや映像に対応ができないため、動きの速いゲームでも遅延が少なく、スムーズにプレイを楽しめるゲーミングモニターがおすすめです。

ゲーミングモニターの例として、「ASUS ゲーミングモニター VP248H 24インチ」は20,000円弱で購入でき、画面のサイズも24インチと最も見やすいと言われているサイズで作られています。

キーボード:約10,000円〜

3つ目に必要なものは、キーボードです。一般的なキーボードは1,000円程度で購入できますが、ゲーミングキーボードは、5,000円〜30,000円くらいが相場になります。

例として挙げると、「CORSAIR K55 RGB PRO ゲーミングキーボード」は10,000円以下で購入できるゲーミングキーボードです。基本的に、ゲームを楽しみたいだけの方は10,000円程度のゲーミングキーボードで十分だと言えるでしょう。

マウス:約10,000円〜

4つ目に必要なものは、マウスです。マウスはゲームプレイの快適さに直結するため、パソコンを操作するうえでは最低限必要になる機材です。

通常のマウスは100円程度からありますが、ゲーミングマウスは5,000円〜20,000円くらいが相場です。こちらも、10,000円程度のマウスであれば、動作を多く必要とするゲームでも快適に操作できます。

より詳しい内容は下記の記事にて解説しているので、本記事と併せてご覧ください。

【ゲーミングPCを一式揃える費用】初心者におすすめのセットも紹介

ゲーミングPCを自作するときに必要なもの【上級者向け】

ゲーミングPCの内部
ゲーミングPCを自作するときに必要なもの【上級者向け】

ここでは、上級者の方向けに、ゲーミングPCを自作するときに必要なものを解説します。

自作でゲーミングPCを作るために必要なもの
  • マザーボード
  • CPU
  • グラフィックボード
  • メモリ
  • SSD
  • PCケース
  • 電源ユニット

マザーボード

まずは、マザーボードが必要です。マザーボードとは、簡潔に言うとPCの土台になる部分です。

電源やCPU、グラボなど、全てのPCパーツはマザーボードを通してやりとりをしているため、重要なパーツと言えます。

CPU(プロセッサ)

次に、CPU(プロセッサ)もおすすめです。

PCがプログラムを実行する際に処理を行うパーツで、メモリとストレージを燃料とし、パソコン内のすべてのデータトランザクションを制御します。

グラフィックボード(GPU)

グラフィックボード(GPU)は、自作でゲーミングPCを作る際には必須のアイテムです。

CGや3Dなどの映像処理を行い、高度な映像処理が必要なゲームにおいては、特に重要なパーツになります。

メモリ(RAM)

メモリ(RAM)に関しても、自作でゲーミングPCを手に入れる場合は必要となります。PCが計算処理や、諸々の作業を行うパーツであり、CPUが処理するデータを一時的に保存する場所になります。

メモリのギガバイト数が大きければ大きいほど、高速のシステムスピード、シームレスな応答性、高速のフレームレートを実現する能力が高い傾向にあります。

SSD(ソリッドステートドライブ)

SSD(ソリッドステートドライブ)は、データの読み書きを高速で行えるアイテムです。

HDDと比べて電力消費効率が良く、更に優れた耐久性がある部品になります。

PCケース

PCケースは、通気性と排熱性能が特に重要です。

理由としては、ハードウェアがメーカー保証値以上の速度で動作するオーバークロック設定とする場合、システムは通常よりも更に高温になります。

そのため、適切なケースファン用のスペースがあるケースを選択することで、内部コンポーネントを長持ちさせることが可能です。

電源ユニット

電源ユニットは、PC内部の各パーツに電力を供給する部品であるため、ゲーミングPCを自作する上では非常に重要なパーツになります。高性能システムを問題なく動作させるには、電源ユニットが必要です。

本記事では、ゲーミングPCを自作するときに必要なものについて簡単に触れましたが、【初心者向け】ゲーミングpcを自作するのに必要なものは?PCの構成パーツを紹介の記事にて、パーツの画像付きで詳しく解説されています。

記事のポイントのまとめ

本記事では、ゲーミングPCでゲームを快適にするために必要なもの、ゲーミングPCを一式揃える際に必要な予算などを解説しました。

結論として、初心者の方やコストを安く抑えたい方は方は、150,000円以下でゲーミングPCセットを一式揃えましょう。

基本的には、150,000円以下でゲーミングPCを揃えた場合であっても、ほぼすべてのゲームを快適にプレイできます。ご自身の予算や、用途に合わせてゲーミングPC一式を選びましょう。

150,000円以下で一式揃えたい場合は、ひとまず下記のグッズを揃えてみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次